つくし学園について

一人ひとりが主役の授業

hitorihitori

つくし学園の学習スタイルは、大人数を一斉に指導するのではなく、生徒一人ひとりと向き合って進めています。

少人数でしかも個別進度。きめ細かい指導で生徒が埋もれてしまうことなく、一人ひとりを主役とする授業を行います。
間違えても分かるまで何度も、何度でも、できるまで指導します。夢を持つ生徒に対して私たちは諦めません。

一人ひとりが主役の授業

一斉授業と違い、生徒一人一人の学習の流れを個別に設定します。
例えば、1時間の授業を
A:復習中心と学校授業並行
B:学校授業並行
C:予習中心と学校授業平行
というようにおおまかに3つに分けます。更にその流れを軸にして更に細かく、個々の進度が構成されるのです。

このように個別方式では、講師と対話を基本に学習を進めていくので、きめ細かい指導が可能です。
簡単にわかることは基本を理解したら、先に進むので学年を超えて学習をすすめることも可能です。
毎年数学においては何人も先取りを無理なく進めている人がいます。そうなれたらしめたもので、学校のテストのレベルであれば、特にテスト勉強をしていなくても良い点が取れるようになります。
先取りを非常に不安に思う人もいますが、分かり始めると同じ時間勉強しても効率が良くなり、自然と先取りできるものなのです。

また、一斉授業では苦手単元を何度も解説することは不可能ですが、個別進度方式では、例えば1・2・3と3種類の問題があったとしても、ある生徒には1を、またある生徒には2をというように生徒の学習内容の定着に応じて、個々の流れをくむことができるわけです。時間の許す限り定着を図ります。
分かるようになってからもさらに期間をあけて挑戦するわけです。

よく授業が、「教科書にあっていますか?」とご質問されることもありますが、進度は教科書に合わせても、解説はその子に合わせたいと考えています。

benkyo_sindo

つくし学園『グリーン』『中学受験エミール』の各コースでは
・教科書準拠ワーク
・数の概念を育てる算数テキスト
・計算力をつけるトレーニングシート
・文章題ドリル450
・中学受験の基礎コース など
お子様の理解に応じてコース設定できます。